FC2ブログ

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. 椿(つばき)を塗り絵で楽しむ(02/12)
  3. アネモネの花を塗り絵で楽しむ(02/10)
  4. シクラメンを塗り絵で楽しむ(02/10)
  5. ヤフー検索で1ページ目に登場!(02/06)
  6. チューリップで塗り絵を楽しむ(02/03)
  7. 可憐な花の塗り絵 売行き好調(02/01)
  8. 可憐な花 毎日新聞広告に掲載(01/31)
  9. あじさいの花の塗り絵(01/28)
  10. 塗り絵はカラオケみたいなもの・・(01/26)
  11. 「可憐な花」本日発売日!(01/25)
前のページ 次のページ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

椿(つばき)を塗り絵で楽しむ

2007.02.12(15:44)
椿(つばき)も種類が多い花ですよね。
日本でも古くから馴染まれている花の一つ。国内では2000種類、世界中では6000種類以上になるそうです。椿はヨーロッパではカメリアという名前がついています。

『大人が楽しむ塗絵(可憐な花)』でも、椿の花を収録しました。今回表紙でも使いました。この椿の植物画を描いた方は、丸山きみよさんです。国内でも海外でも植物画のコンクールに多数出品されている方で、数多くの受賞暦をもつ大変実績のある有名な方です。その丸山さんの花の作品を今回「可憐な花」で紹介できたことは、花の塗り絵の本を出版する上で、とても意味のある嬉しいことです。
丸山さんのホームページはこちらをご覧ください。

丸山きみよのボタニカルアート

下の写真は、椿の作品を油性色鉛筆で塗っているところです。
tubaki.jpg

作品がとても繊細で、細部まで描かれているので、塗り絵の線画もとても作りやすい作品でした。線画はその原画を自然にイメージできるように線の太さや葉脈や花びらの細かな線まで描きました。「可憐な花」の解説ページでは、油性色鉛筆で“原画風に描く”を塗り、“ちょっとアレンジして”ではパステル色鉛筆で描いてみました。しっかり描きこんでもよし、パステルのソフトな仕上がりで塗ってもよし、原画がしっかりした構図なので、どの画材で塗っても楽しめます。

それと表紙の椿は、表紙用にもう1点別に塗ったものです。表紙のカラーのオレンジ色と椿の葉の緑色で中央の花の赤をひきたてています。書店の塗り絵コーナーに平積みしている「可憐な花」を見ると、表紙の落ち着いた色合いで気分が少し和風に和みますよ。


人気blogランキング


☆munet  


アネモネの花を塗り絵で楽しむ

2007.02.10(04:08)
アネモネって豪華な花を咲かせますよね。
今週、会社にアネモネを花瓶にさしているんですが、花びらが大きくて色合いが綺麗です。赤、ピンク、青、白と色鮮やかで、すごく上品な雰囲気です。そして葉や茎の緑色が花の色合いを引き立てます。

その印象は、ちょうど『大人が楽しむ塗絵(可憐な花)』に収録している、アネモネの作品と同じ色合いです。この「可憐な花」のアネモネ作品は、植物画家の安藤牧子さんの作品で、今回、『大人が楽しむ塗絵(可憐な花)』に収録させていただきました。アネモネの塗り絵は、ルドゥテも描いていて、他社の塗り絵の本で紹介されていますが、僕は「可憐な花」で紹介している、アネモネの方が好きですね。正直こちらの方が絵としても塗り絵としても楽しめます。

ほんとにアネモネの花って、こんな絵のように咲くんですよね。それをうまくとらえている作品だと思います。なんていうのか、すごく大人の花で、大人の塗り絵向きです。

0210.jpg

上の写真は、アネモネの塗り絵をしているところです。「可憐な花」の解説ページを制作する際に、解説用に塗った時の1枚です。画材は、油性色鉛筆です。色鮮やかな花も綺麗ですが、白い花びらの花はどこか静かな気品があります。

塗り絵制作では、できるだけ原画に忠実に塗り絵の線画を目指しました。塗り絵する時も、いろいろと花びらの色を変えてみたり、原画とは違う色で塗ってみても楽しめます。塗り絵の用紙は2枚あるのでやってみてください。それと、今回も、塗り絵の用紙の裏に、拡大した部分の絵を入れてみました。全部で16点違う拡大した塗り絵が入っています。これを塗っても違う塗り絵が楽しめると思います。アネモネは、2点とも花を拡大した絵を載せました。

そんなすばらしい
安藤さんの植物画はこちらでご覧になれます。

石狩花紀行〈ボタニカルアート作品集〉



人気blogランキング


☆munet  



シクラメンを塗り絵で楽しむ

2007.02.10(01:30)
シクラメンは鉢花で人気がありますね。
僕のいる会社でも今、小さなシクラメンを置いています。

『大人が楽しむ塗絵(可憐な花)』でも、今回シクラメンの花を作品で収録しました。花の絵は、植物画家の安藤牧子さんに作品をお借りして、それを塗り絵の線画に仕上げさせてもらいました。もう1点アネモネの花も収録してありますが、どちらの絵も上品な色使いで、線がしっかり描かれている作品で、とても塗り絵にしやすい作品でした。

0209.jpg

この写真は、油性色鉛筆で塗っているところです。シクラメンの絵の構図がすごくいいので、個々の花びらの咲き具合と、花々の固まったまとまり具合もよく、色を塗っていてとても楽しかったです。ちなみに、この写真は、「可憐な花」の解説ページで掲載したものの途中制作のものです。

シクラメンはまとまって咲く花なので、花のまとまり方の美しさと鮮やかな色合いは、植物画を描く場合も気をつけるポイントだと思います。安藤さんの作品はその両方が美しく仕上げられていて、色鉛筆で塗っても、とても上品に塗れるんです。塗り絵の本の良さを決めるのは、なんといってもその元の作品です。原画をよく見ながら、花の色、形、香りまでも感じるように塗って楽しんでみてください。

安藤さんのすばらしい植物画はこちらでご覧になれます。

石狩花紀行〈ボタニカルアート作品集



人気blogランキング


☆munet  


ヤフー検索で1ページ目に登場!

2007.02.06(02:34)
ようやく大人の塗り絵サロンのサイトが、ヤフー検索で1ページ目に登場です。
今日2/5に調べると1ページ目の8位!ヤフーでキーワードを、“大人の塗り絵”で検索すると、8位、“大人 塗り絵”で検索すると5位!おお、5位まで上位表示してくれたか。目標が1ページ目の5位でしたので、まずは達成です。

ちなみに“大人の塗り絵”のキーワード検索だと約50万件ほど表示する中で、1ページ目というのは数ある塗り絵のサイトではやはり目標でしたね。せっかく作っても見てもらえないのでは作った意味がありません。

といっても、またページランクは落ちるかもしれないので、マメに更新しなければいけないですね。他にキーワードを2つで、塗り絵と名画とか着物とか花とか組み合わせても、1・2ページ目に表示するので、まずまずでしょうか。というのもサイトの制作自体がひっさしぶりだったのでマニュアル本をひも解きながら作りました。それとこのブログは日記用で、この両方でそれぞれ更新しています。最近出した『大人が楽しむ塗絵(可憐な花)』の、裏表紙に【大人の塗り絵サロン】のURLを紹介しています。つまり、その出版時期に合わせてサイトを作りたかった、というわけです。
で、出来るなら検索エンジンの1ページ目に紹介されたいなと。最近の言葉で言うと、メディアミックスでしょうか。あっ、でもこれは普通か。ま、とにかくせっかくやるならサイトやブログで、本の中で書き切れなかった、紹介しきれなかったことを紹介したくこんな形で書いています。ちょっと塗り絵とは違う話題になりました。。



ということで、下の小箱をプチッとクリックすると
子ネコがご挨拶、ランキング協力お願いします。

人気blogランキング


☆munet

 

チューリップで塗り絵を楽しむ

2007.02.03(14:50)
ポピュラーな花と言ったらチューリップをあげる人は多いのでは。。
花言葉は“”で、花の色によりその意味も違ってくるとか。
それだけ誰にでも好かれる花ということでしょうか。

ボタニカルアートでも、チューリップの絵は数多く描かれています。
ピエール・ジョゼフ・ルドゥテもチューリップを描いています。『大人が楽しむ塗絵(ルドゥテの花)』でも、チューリップを1点収録しています。下の写真はその塗り絵をしているところですが、花が大きいので塗り応えがあります。

0128-2.jpg

塗り応えというのは、赤や黄色の色合いが塗っていて目に優しく、気持ちを穏やかにしてくれるところです。それでいて花の下の形が丸く、包み込んでいるような花びらが、まるで両手を合せているような印象を与えて、どこか幼少の頃に歌をうたいながら両手でチューリップの花の形を作った時を思い起こさせ、ちょっと懐かしくなります。
それに、この形は、どうみでもチューリップですよね。

歌にも、赤 白 きいろ とあるように、いろいろな色や模様や花びらの形も違ったりで目を楽しませてくれ、可愛い花です。去年の春頃に、近所の家の歌壇にチューリップが咲いていて、一輪一輪咲いている姿が可愛く、綺麗でした。なるほど“愛”が花言葉になるのもわかるような気がします。

上の写真では、油性色鉛筆で、ルドゥテの原画風に塗っていますが、チューリップと塗り絵は相性がいいと思います。花の形がシンプルなだけに、わかりやすいし、どんな塗りかたをしてもこの花だとわかります。チューリップをちょっとアレンジして塗り絵で楽しんでみてはいかがでしょうか。


ということで、下の小箱をプチッとクリックすると
子ネコがご挨拶、ランキング協力お願いします。

人気blogランキング


☆munet

 

可憐な花の塗り絵 売行き好調

2007.02.01(23:58)
さて、本の発売から1週間がたち、
新聞広告の掲載もあってか『大人が楽しむ塗絵(可憐な花)』は売行きが好調のようです。やはり本を作った手前、書店での流れは気になるもの。まずは一安心です。

「可憐な花」に収録されている花は、どれも馴染み深い、誰もが知っている花ばかりです。それだけにページをめくるだけでも愛着が湧くでしょう。塗り絵の本を購入するかどうかの決め手の一つは、やっぱり収録されている画家の原画がどれだけ魅力的かが一番大事なポイントでしょうね。安心して作品を鑑賞できて、見ているだけで美しい絵だな、と感じられる品のある素敵な作品。思わず、これ一冊ほしい~と思う本かどうか。塗り絵の本に限らずとも、それはあてはまりますが、「可憐な花」もそんな視点にたって作りました。

この『大人が楽しむ塗絵』シリーズはすべて、最初から最後の編集まで僕が制作しているんですが、シリーズ化した時に、それぞれが個々に色彩で引き立ちながら、シリーズ全体の統一感もとれるように企画しています。表紙の色が毎回違うのも前作とは違う印象を毎回出したいからです。なので、本が増えるほどに色鮮やかな、大人の塗り絵の本になります。

今回は、オレンジ色の表紙です。椿の花の赤と葉の緑が引き立ち合い、日本の画家の花の塗り絵、という雰囲気が伝わりやすくしてみました。


もしよろしかったら、下のガサガサの箱を
プチッとクリック・・子ネコがご挨拶します。

人気blogランキング


☆munet  








可憐な花 毎日新聞広告に掲載

2007.01.31(00:07)
『大人が楽しむ塗絵(可憐な花)』の新聞掲載広告を発見。
1月29日(月)の毎日新聞の小学館の広告の中です。
↓↓↓赤い矢印
0129news.jpg

クリックすると拡大
出版すると2・3回掲載されるんですが、「可憐な花」は今回が初。書店にも並び始めました。本が並ぶとあちこちの書店の塗り絵コーナーに立ち寄ってはついつい見てしまいます。オレンジ色の表紙なので割と目に入ります。ある本屋では塗り絵コーナーの棚に入ってて各社のもある中シリーズ4冊まとめてあったんです。で、可憐な花を取ろうと指で触るんだけど、ギッシリ本が入っているから、キツくてだすのがしんどい。(笑)ま、そんなところもあります。
紀伊国屋とか、大手の書店では平積みで何十冊も置いてあるでしょう。

ちなみに、広告の塗り絵の下に『大人が楽しむはり絵(望郷遠望)』というのが紹介されています。これは、はり絵の本で、日本の風景8ケ所をはり絵で楽しむという本で、塗り絵の本と同時発売で出版しました。
この本には関わってませんが、裏表紙に『大人が楽しむ塗絵』の4冊が紹介されています。

小学館からは、いくつか塗り絵が出版されています。たとえば、きいちのぬりえは有名ですが、著名な漫画家や風景ものなど。花や名画や着物を扱っているのは『大人が楽しむ塗絵』です。

書店に行った際はちょっと塗り絵コーナーに寄ってみてください。


もしよろしかったら、下のガサガサの箱を
プチッとクリック・・子ネコがご挨拶します。

人気blogランキング


☆munet  

あじさいの花の塗り絵

2007.01.28(21:14)
あじさいの花は、紫陽花という漢字で書きます。
あじさいアジサイ紫陽花、いろいろな文字で愛着がありますが、原産国は日本だとか。古典文学の万葉集にもあるというから昔からある花なんですね、あじさい寺がたくさんあるくらいだから。薄紅色や淡い紫色、青色など、6~7月頃に花が咲き楽しませてくれます。

ルドゥテの花の名画の中にも、あじさいはあります。どういうルートでヨーロッパに渡ったんでしょうか、その海外に渡ったルートを調べてみるのも楽しいでしょう。『大人が楽しむ塗絵』では、そんなあじさいを花の塗り絵で収録しています。

0128.jpg


これは、あじさいの塗り絵をしている写真ですが、この花の大きなかたまりがボリュームあります。こんなに大きいのに画面の中では、やわらかくホワッとした軽さがあるんです。色の塗り方によりボリュームもかわりますが、ルドゥテは淡いピンク色の花にして、非常に上品な色合いに描いています。特徴をよくつかんでいるなぁ、と感心します。

それを、塗り絵の線画にする際も、たくさんの花が集まりながらも、大きなかたまりに見えるようにしたかったので、花びらひとつひとつ、その花のなかの脈の一本一本にも気を配りました。細部まで描かなくても、十分輪郭だけで塗り絵になるんですが、ルドウゥテの描写していた気持ちを思うと、どうしても細部の線は必要なものでした。

といういことで、色合いも線画もデリケートで品のある大人の花の塗り絵を目指しました。

ちなみに、あじさいの花言葉は、強い愛情、移り気なこころ、一家団欒、家族の結びつき です。



もしよろしかったら、下のガサガサの箱を
プチッとクリック・・子ネコがご挨拶します。

人気blogランキング


☆munet  



塗り絵はカラオケみたいなもの・・

2007.01.26(02:40)
塗り絵はカラオケみたいなもの・・

なんてわかりやすいんだろう。
そうそう、そういうことです!
この言葉を聞いたとき、僕は、それだ!って思いました。これは今回の『大人が楽しむ塗絵(可憐な花)』の画家の一人が言った言葉ですが、「わたくし、塗り絵は音楽に例えるとカラオケみたいなものに思います」と。なんてわりやすい言葉でしょう。僕もカラオケたま~にやりますが(※ちなみに兄弟舟は鳥羽一朗よか迫力あります・・って違うか)、みんな嬉しそうに歌いますよね~、あれは気分いいかも、です。元の歌を真似て歌う姿は、塗り絵をしている姿とどこか重なります。

まさかカラオケボックスみたいに、塗り絵ボックスはできないだろうけど、でも塗り絵教室は聞くし、一人もいいけど、気が合う仲間とある時間集まって雑談しながら楽しむのもいいかもですね。老後施設等ではそういう話は聞きますが、もっとおしゃれにサロン的なルームがあってもいいですね。というわけで、【大人の塗り絵サロン】のサイトを開設ました。

塗り絵とカラオケ、アートミュージック、これをキーワードで何か新しいことできないかなぁ。それぞれ名作を鑑賞しながら各自で真似るんです。真似ること・・それは人類の昔からの基本中の基本。僕らが赤ちゃんの時からやって来たことは、真似ることです。親を真似ること。真似ていろいろ言葉やしぐさを習得して今日の自分がありますよね。

真似ることの中には、学びの要素がたくさんあります。塗り絵もまさに名画を真似て、自分の好きな描き方をして楽しい時間をつくるきっかけになります。カラオケには、、やっぱり好きな人には自分に1曲歌わせろ~っていう、血が騒ぐあついものがあります、、ってそれは僕だけかもしれないけど、でも、それを通じて気分を発散できます。自分で発散できるものがたくさんある人は幸せです。

塗り絵は、そこに情緒性を育む一面があるように思います。名画を鑑賞して、色彩を選んで、塗って、配色して、それぞれの色の美しさを感じながら、色の組み合わせの美しさも知る、静けさの中に、心の内面から膨らんでくる広がってくる自分のパワーを感じるはずです。そして、そこに小さな発見をたくさんみつけるでしょう。

というわけで
塗り絵はカラオケみたいなもの・・

僕はこのコピーに一票です!


もしよろしかったら、下のガサガサの箱を
プチッとクリック・・子ネコがご挨拶します。

人気blogランキング


☆munet  


「可憐な花」本日発売日!

2007.01.25(02:10)
25日になりました。
『大人が楽しむ塗絵』第4弾「可憐な花」の発売日です!
この日を待っていました~

これは発売前に見本でいただいた可憐な花の本たちです。
記念撮影で1枚パチリ。
0125.jpg

こうして一冊の本になると、やはり嬉しいです。去年の夏頃から企画していたもので、じっくり時間をかけて選りすぐりのいい作品だけを8点収録しました。今回は日本の植物画家4名の作品です。本の仕上がりも上々。予想していたと同じ仕上がりに完成しました。やはり形になるまで気になるものですが、いい感じです。A4サイズで56ページあります。表紙の花は“椿”の塗り絵です。

大手ブックセンターの紀伊国屋とかは、早く塗り絵コーナーに並ぶと思うけど、本屋によっては数日後かも。本は届いていても、店員さんが陳列をしてない場合もあるので、コーナーになければ一声かければ奥から出すでしょう。

『大人が楽しむ塗絵』シリーズは、今回の4冊で累計10万1000部突破です。読者が増えてくれればと思います。他社の日本の作家の花の塗り絵の本は、どちらかというと水彩絵の具で描いたさっぱりした作品を塗り絵の本にしているのを見かけますが、「可憐な花」は、細密でしっかり描かれた花の作品で、すばらしい8作品です。まだこういう作品が日本にもあったのかとちょっと感心するでしょう。「ルドゥテの花」は絵がかっちりとして品がありましたが、今回のは日本版で、同じくしっかり描きこまれて、やはり品のある作品です。中身をお見せできないのが残念ですが、是非書店で手にとってごらんください。



もしよろしかったら、下のガサガサの箱を
プチッとクリック・・子ネコがご挨拶します。

人気blogランキング


☆munet  




前ページ | ホームへ | 次ページ
プロフィール

★munet

Author:★munet
主に出版やデザインの仕事をしてます。 大人の塗り絵の本『大人が楽しむ塗り絵』『すぐはじめられるいきいき塗り絵』(小学館)シリーズを6冊出版。塗り絵は世界観を広げ、心と文化に奥行きをもたらせます。その塗り絵本制作のこだわりと魅力を紹介します。

【大人の塗り絵サロン】

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。