FC2ブログ


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ヴィーナス誕生の塗り絵にチャレンジ

2007.01.06(14:22)
さてさて、
大人の塗り絵の仕事で最初にトライしたのが、「西洋の名画」で最後に紹介している“ヴィーナス誕生”の作品です。いきなり難易度高です。これにはいろいろ意味があって、どこまで塗り絵で線を表現できるか?を試す意味でもどうしても通過しなければいけない課題でした。シンプルな線の塗り絵の方が、塗りやすくていいんですが、やはりある程度は塗り絵の質をあげたい、名画を扱う以上はいいものを作りたいという思いからチャレンジしました。

もう最初から苦戦です。
線画は原画を参考にして手描きではなくて、パソコンで画面を見ながら描きますが、描き方の順序とか、同じ部分をグループに分けたり、線の太さや細さ等など最初だけに、いろいろ描き方のルールを自分で決めるんです。それでいて塗り絵の線画で、色のついた状態を印象づけられるか、とか。一番やっかいなのが、元の名画でここはどうなってるんだろう?です。線なのか面なのか迷うところがありったり、線にしなかったり、幸いボッティチェリの作品は細部まで繊細に描かれているので線画にしやすかったです。

070106.jpg
(↑これは水彩色鉛筆で塗った一例)

こんなわけで“ヴィーナス誕生”は、試行錯誤もあって最初の試作品ができるまで2週間かかりました。それをベースに微調整を繰り返し、色を塗ってみては修正したり。色を塗る際は、油性や水彩の色鉛筆が塗りやすいです。ええと、他社の大人の塗り絵でも“ヴィーナス誕生”の塗り絵はありますが、自負するわけじゃないけど、『大人が楽しむ塗絵』のが一番いいと思います。これを最後のページにしたのは、やはり難易度が高いので、チャレンジャーさんや上品な名画も塗りたいという方に塗り絵に収録しました。ほんとはこれ、1.5倍とか2倍くらいの大きさで塗ると塗り応えがあっていいんですけどね。

是非是非、じっくりと楽しんでチャレンジしてください!

もしよかったら、右上のガサガサの箱を
プチッと一票・・いいことあります。

☆munet


スポンサーサイト
<<綺麗な着物は・・大人の塗り絵でしょ | ホームへ | ルドゥテの原画を観て大人の塗り絵を作る>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://nuriesalon.blog87.fc2.com/tb.php/6-8f53149b
| ホームへ |
プロフィール

★munet

Author:★munet
主に出版やデザインの仕事をしてます。 大人の塗り絵の本『大人が楽しむ塗り絵』『すぐはじめられるいきいき塗り絵』(小学館)シリーズを6冊出版。塗り絵は世界観を広げ、心と文化に奥行きをもたらせます。その塗り絵本制作のこだわりと魅力を紹介します。

【大人の塗り絵サロン】

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。