FC2ブログ


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

出版して早や1年

2007.01.04(14:19)
2007年にはいりました。
なかなか家にじっくりいる時間がとれないので
こんな年末年始の連休は、大事な時間ですよね~

大人が楽しむ塗絵 の「西洋の名画」「ルドゥテの花」の本を出版して、もう1年になります。おととしから去年の中頃にかけて、塗り絵ブームでメディア等では盛り上がっていたようですね。
最近は、そろそろ落ち着いてきたようにも思えますが、しかししかし書店をのぞくと、相変わらず塗り絵コーナーがあり、各出版社から新作本が出版され続けています。
塗り絵本だけでも、この年半でおそらく100冊以上は出版されています。これからも賑わうジャンルと思いますが、小学館でも今月『大人が楽しむ塗絵』シリーズで「可憐な花」という、花の塗り絵が出版されます。

塗り絵って、塗ってみるとわかるんですが、これはなかなか奥が深い世界です。この1年で多数本が出版されて、いったいどれくらいの数の塗り絵の作品が描かれたんでしょうね。すんごい数だと思うし、今まで無いくらい塗り絵に注目度があがったんでしょうね。
そんな風にして、手軽にできる趣味の枠がまたひとつ増えたのでしょう。手軽に楽しめるっていうのがミソです。塗っていると思わぬ発見があったりして、小さな楽しさがたくさんみつかると充実感が膨らみます。

そんな1年の積み重ねをベースにして、今年もやわらか頭で頑張っていきたいです。
スポンサーサイト
<<ルドゥテの原画を観て大人の塗り絵を作る | ホームへ | 塗り絵して気づくこと>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://nuriesalon.blog87.fc2.com/tb.php/4-e626df16
| ホームへ |
プロフィール

★munet

Author:★munet
主に出版やデザインの仕事をしてます。 大人の塗り絵の本『大人が楽しむ塗り絵』『すぐはじめられるいきいき塗り絵』(小学館)シリーズを6冊出版。塗り絵は世界観を広げ、心と文化に奥行きをもたらせます。その塗り絵本制作のこだわりと魅力を紹介します。

【大人の塗り絵サロン】

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。